医療レーザー脱毛で使用する機器には種類があります

医療レーザー脱毛は、どこも同じではありません!

 

施術に使用される機械によって効果も異なるので、医療レーザー脱毛をするときには取り扱っている脱毛機の種類をチェックすることが重要なんですよ♪

 

ここでは、脱毛のクリニック選びに失敗しないために、レーザー脱毛機の種類について紹介しましょう!

 

種類としては、4種類あります。

 

【ダイオードレーザー】【アレキサンドライトレーザー】【YAGレーザー】【ルビーレーザー】です。

 

ただルビーレーザーは日本人の肌には合わないので脱毛に使われていることはほとんどないと思います。
またYAGレーザーについても、男性のヒゲなどには高い効果があり安全性も高いものの、脱毛効果としてはそこまで高くないのであまりおすすめとは言えません。

 

というわけで、【ダイオード】と【アレキサンドライト】の一騎打ちということになります(`・ω・´)

 

どちらも脱毛効果は高いです。
どちらも同程度の効果ではありますが脱毛機には相性もあるようで、人によってダイオードが合う人もいれば、アレキサンドライトが合う人もいます。こればっかりは受けてみないとワカリマセン(・∀・)

 

ただ、脱毛効果以外の面では違いがあります。それは「痛み」……。
医療レーザー脱毛はエステ脱毛よりも痛みを感じやすいと言われていますが、特に痛みが強いのはアレキサンドライトです。
ダイオードは最新の機種ならかなり痛みが抑えられています♪
アレキサンドライトも以前に比べれば痛みの少ない機種が出ていますが、それでもダイオードには劣ります。

 

ですから、料金的に問題がなければダイオードの方が初心者の方にはおすすめですっ
ダイオードを扱っているクリニックが予算オーバーの場合や、ダイオードが肌に合わなかった人はアレキサンドライトに切り替えると良いと思いますよ☆

 

クリニックの場合はたいていホームページにも採用している脱毛機について書かれています。書かれていない場合は性能の良くない脱毛機を使っている可能性もありますから、きちんと掲載されているクリニックがおすすめですよ!